求人のご案内:アールそせい

求人のご案内:アールそせい

【平成28年3月の状況】

福利厚生

蘇生会グループには、『互助会』という福利厚生のための団体があります。新人職員歓迎ボウリング大会や職員旅行など、楽しい行事がたくさん用意しています。
今までの職員旅行では、京都府伊根町へカニを食べに行ったり
USJ、よしもとNGKなどの日帰り旅行や、城崎温泉(写真)韓国、上海などへの1泊~2泊の旅行などがあります。その他にも、医療費扶助や福利厚生倶楽部「RELOCLUB」と契約をしており会員価格で旅行などが楽しめます。
また、野球部、フットサル部、バレー部といったクラブがありますので
興味あるクラブがあれば、是非、参加してみてください。

職員寮

職場から徒歩10分のところに、
平成28年に完成した職員寮があります。
どの職種でも利用でき、オートロックなので、とても安心です。

保育所

職員(医師、看護師、事務などすべての職種)が安心して仕事ができるよう、院内保育所(きのこのおうち)があります。働く現場からも近く、仕事中に子どもが急に体調を悪くしても5分もかからず見に行くことができます。

(保育園児との交流会)

【保育方針】

  • 異年齢児との生活の中で、思いやり、協調性を養う。
  • 老人との交流を通して、いたわりの心を育む。
  • 豊かな感性を育て、健康で丈夫な身体をつくる。
  • 様々な体験を通して、自主性・創造性を豊かにする。

家族会

  • (花火大会)
  • (京都競馬場)

アールそせいでは、家族様と職員との交流を図ることを目的に年4回『家族会』を開催しております。
介護、看護、リハビリ、支援相談員などが担当して、企画から実施までを行います。
また、利用者様と家族様、そして職員も一緒に出かける外出行事を年に2回ほど企画しています。(京都競馬場、京都水族館など)
施設の中だけではなく、外での交流会も大変盛り上がっています。

デイケア

(料理教室)

アールそせいデイケアでは、レクリエーションや月行事に力を入れております。月に1度、料理教室を開催し、利用者の方にとても喜んでいただいています。また職員全員が“おもしろく、新しいアイデア”を企画、提案し、利用者と一緒に楽しい時間を過ごせていただけるよう日々頑張っております。
また、春と秋には外出を企画して、満足して頂けるよう、職員一同努めております。
デイケアの仕事に興味のある方のご連絡をお待ちしております。

地域連携

アールそせいでは、地域の方々と連携をとるために下記の行事を実施しています。
一緒に企画しませんか?

年間月行事

  • ◇アール祭り(7月)
    職員が手作りの屋台やゲームなどを設営し、
    施設全体で祭りの雰囲気を出し、
    利用者様や家族様に楽しんでいただいています。
  • ◇SKYフェスティバル(9月)
    利用者様が作られた、作品を展示し
    家族様や知り合いの方に見ていただいています。
    利用者様も職員が付き添い外出して見学に行きます。
  • ◇介護教室(2月)
    地域の方々に参加していただき
    介護や病気に関する事を専門の立場から
    お話しさせていただきます。

職員紹介

(介護福祉士 吉岡 良紘)

私がアールそせいに入職した時から、プリセプターシップという新人職員に対し先輩職員を一人担当につける育成を目的とした制度がありました。入職時は、右も左もわからなかった私に先輩職員の方が優しく声をかけて、介助方法や入所者の方々の情報、業務の流れなど、一つひとつ丁寧に教えてくださいました。分からないことがあれば遠慮せずにすぐに質問し、その場で詳しく教えて下さることで、安心して仕事ができます。
そして先輩職員に教えて頂いたことを、また新しく入職された職員へと教えていけます。このプリセプターシ プ制度を通じて築いた職員間の信頼関係がいまこうして私がアールそせいの職員として、
働かせていただくことができる大きな要因だと感じています。

リハビリテーション

(リハビリ訓練)

老健には、医師・看護師・リハビリテーション専門職・栄養士・介護職・ケアマネージャー・支援相談員などがおり、一人ひとりのご利用者様に多職種が連携して支援する施設は、老健しかありません。老健では退所後の生活にスムーズに移行することを目指していきます。
(京都府介護老人保健施設協会 ろうけん京都より)
アールそせいのリハビリテーションでは、理学療法士が入所・ショートステイ・デイケアのご利用者様に、リハビリテーションを実施し自立支援を目指しています。機能訓練だけではなく、ご利用者様の能力に応じた支援の在り方を、多職種で模索しながら提供しています。
是非とも老健のリハビリテーションに興味をお持ちのセラピストは、見学からでもお問い合わせください。

看護職員

(カンファレンス)

病状が安定していて、入院治療の必要はないが医療ケアを必要とする要介護高齢者に対して、看護、医学的管理のもとの介護及び機能訓練、その他必要な医療並びに日常生活上のお世話をさせていただきます。医療よりも介護に重点をおいている為、病院のように検査、処置、採血、点滴をすることなどは、殆どないですが、ご利用者様の身体、認知面を含め、全体像を把握してケアを提供することが求められます。
日曜、祝日、夜勤帯は医師不在の為、ご利用者様に何か変化がおきた場合は、ナース判断で動かないといけない為、ナースの位置づけは重要といえます。
また、病院でのナースの仕事と違い、医療的な介入が少ない為、物足りなさも感じますが、ご利用者様と一緒にレクレーションをしたり、大きな声で歌を歌ったりと色々な形での笑いと癒しをいただけます。高齢者のお世話をすることが好きで、笑いや癒しに飢えているそこのナースのあなた!一緒に楽しく仕事をしてみませんか?

栄養科

栄養科では、約150食(昼食時)のお食事を作っています。メンバーは調理師5人、調理補助3人、栄養士1人、管理栄養士1人の合計10名で、男女比は4:6です。年齢層は20~65歳と幅広いですが、みんな元気で明るく和気あいあいと仕事をしています。
イベントのある月は自分たちで考えた行事食というものを 実施しており
おせち料理やちらし寿司など季節感を味わって頂ける食事を作っています。
また「日本一周食の旅」と題して全国の郷土料理を食していただきました。
全員に喜んでもらえる食事作りは難しいですが、やりがいを持って働ける環境だと思います。利用者様の為に栄養科を盛り上げていきたい!という方を募集しています。見学も大歓迎です。一度お問合せ下さい♪

事務所

事務の第一印象が施設の印象を決めると言っても過言ではないです。施設に来られる方や電話をかけて来られる方に最初に応対するのが事務だからです。アールそせいでは、笑顔と明るく元気なあいさつを心がけ、日々応対に努めています。ひとつひとつの応対に重みはありますが、その分ご家族様から「ここに来るとホッとする」等のお言葉をいただけた時の喜びは一入です。皆さんも私たちと一緒にご利用者様やご家族様の癒しになりませんか。

各委員会

当施設では事故防止対策委員会・感染防止対策委員会・サービス向上委員会・褥瘡委員会レクリエーションクラブ委員会・栄養委員会・教育委員会・ボランティア委員会・業務環境委員会・口腔ケア委員会・新聞委員会・労働安全衛生委員会(防災委員会)などを月に1回開催し、各種職員が安全管理、看介護運営、サービス、教育等の面でより良い施設つくりを目指しています。
また、各委員会や面談などで利用者様の安全を考えるための意見を出せる場を設けています。

求人のお問い合わせはこちら